海外旅行に初めて一人で行った時の体験記【一人旅の不安を解消します】

初めて海外ひとり旅に行こうとしてる人

初めての海外旅行で一人旅を考えているけど、寂しくないかとか危険がないかとか、いろいろと不安だな。
実際に初めて一人旅に行った人の、体験談を聞いてみたいです。
あと、初めての一人旅でおすすめの旅行先も知りたいです。

こういった疑問に、お答えします。

僕は、29歳の時に初めての海外旅行で一人旅に行った経験があります。

きっかけは、会社を退職して次の職場で働くまでに1ヶ月ちょっとの空白期間ができたから。

社会人になったらこんなチャンスはめったに無いと思って、友達は働いてるので誘うことも当然できず、かねてから興味のあった海外旅行に一人で行きました。

初めての海外ひとり旅は不安がいっぱいだったものの、現地で友達ができたり、女の子とバナナボートに乗ったり、思いのほか楽しむことができました。

こんな経験を元に、ひとりで行く不安や恐怖の対処方法、海外旅行の行き方など、リアルな旅行体験を元にお伝えしていきます。

目次

海外旅行に初めて一人で行った時の体験記

結論から言うと、初めての海外旅行に一人で行っても、なんやかんや楽しいです。

ただ実際のところ、どこがどう楽しいのか、疑問の参考になると思うので僕の体験記をお話します。当時の状況をよりリアルにお伝えするために、現地で撮った写真を添えてお伝えしますね。

なお、iPodのカメラで撮影していたので、画質は悪いですが、ご了承ください。

旅行前の準備

まずは、パスポートの取得申請をして、それから行く場所を決めました。どこでも良かったんですが、旅行のテーマとしては、「何もしないを楽しむ」でした。

イメージ的には、「浜辺であぐらかいてでボーッとして、気が向いたら海で泳ぎ、疲れたらまた浜辺でボーッとして、また泳ぐ…」という感じ。

なので、海が綺麗な東南アジアの海があるリゾート地を候補にし、あとはパンフレットやネット検索しながら、直感でインドネシアのバリ島に決めました。

そして旅行代理店で、ホテルと航空チケット、空港~ホテル間の送迎が付いた4泊6日プランを予約。

旅行雑誌を購入し、付箋をはったりして、何日目にどこに行って何を食べるかなど、ザックリした旅行計画を立てて準備完了です。

出発当日

空港へは電車の遅れなどを考え、だいぶ余裕をもって2時間前を目安に到着。受付を済ませて、色々と不安だったのでカウンターでこの後どうしたらいいかなど、めっちゃ聞きました。

こちらは空の風景と、人生初の機内食。

現地へは夕方頃に到着し、ホテルまでバスで送ってくれるガイドさんと、同じツアーに参加していた20代前半2人組の女の子グループと空港前で合流。車内でみんなで喋っていたところ、ガイドさんが夕食にと夕日が見えるレストランに連れて行ってくれました。

砂浜にテーブルがたくさん並んでいて、夕日を見ながら食べれたり、音楽隊?がテーブル近くに来て歌ってくれてたりしました。

夕食後ホテルへ帰る道中の車内で「明日の夜はバーに行こうと思ってる」というと、なぜかみんなから猛反対を受けることに。

ガイドさんが、「危ないから、それなら僕の友達がやってるカラオケ店においでよ」ということで、集合時間と場所を決め、バーは断念することになりました。

その後、ホテルに到着。エントランスにあった、ドラクエに出てきそうなモニュメントがいい感じです。

そして部屋に案内されて一人になった途端、急に寂しさが襲ってきました。

「さっきまであんなに楽しくみんなでおしゃべりしてたのに、この静けさはなんなんだ…」って感じで、速攻でテレビを付けてとにかく部屋を音が鳴っている状態に。

そしてやることもないので、ハミガキとお風呂に入ってその日は就寝です。

バリ島2日目:動物園とカラオケ

この日は前もって計画していた、象に乗れる動物園へ行くことに。

さっそくホテルのフロントで車をチャーターし、現地へ向かいます。※ちなみに8時間で5,000円くらいだったと思います。

動物園までは、1時間ちょっとの道のり。その間、日本では見慣れない景色を撮ったりドライバーさんとお喋りしたり、ぜんぜん退屈せずに済みました。

ちなみに、僕もドライバーさんも母国語と、英語が何となく喋れる程度。それでも、片言の英語とジェスチャーで会話をし、かなり楽しかったです。

今思うと、英単語もハチャメチャな出川イングリッシュになってたと思いますが、なんとかなるもんです。

動物園についたら、ドライバーさんと別れて一人で入園します。

象がメインでしたが、珍しい動物がわんさかいて、フツーに動物園としても楽しかったです。

昼ご飯は園内のレストランだったんですが、3匹の動物と触れ合えるサービス券もついていたので、さっそく体験。

??な動物
子ワニ
赤ちゃんトラ

動物たちとの記念撮影です。ワニとトラは、さすがに怖かった。。。そして、念願の象乗り場へ。

スタッフのお兄さんに撮ってもらいました。良い記念です。

象の上からみる景色も雰囲気が出ていていい感じ。

帰りはドライバーさんと合流し、動物園をあとにしました。ホテルまでの道中もお喋りしていて、「明日海にいく予定」と言うと、「遠いから、タダで車で送ってあげるよ」と名刺を渡してくれました。

そして、夜は予定通りガイドさんたちとカラオケに行くことに。

お店ではこんな感じで盛り上がり。意外と日本の曲も結構ありました。

ちなみにこのカラオケ屋、入り口はスポットライトが照らされてたり、金髪でチャイニーズマフィア風の人が店員だったり、ガラス張りの部屋のひな壇に若い女の人が何人も座ってたり。。。「いや、絶対カラオケ屋じゃないやろっ 笑」って感じで、なかなか面白かったです。

そして帰りの道中ガイドさんに、昼間ドライバーさんから名刺を渡されたことをいうと、「以前それでお客さんがトラブルにあったことがあるから」と止められ、あさって、このメンバーで海へ遊びにいくことにしました。

バリ島3日目:ビーチで何もせずにボーッとする日

この日はホテル前のビーチに行き、「備え付けのサマーベッドで休憩 → 海で泳ぐ → ベットで休憩 → …」を繰り返してました。当初の目的である「何もしない」を存分に満喫。

途中、知らない現地の男の人が寄ってきて、「女の子いるよ!ズッコンバッコン!」とか、どこで覚えたんやっ、ていう日本語でお店に誘われることに。

ただ、「純粋にバリを楽しみたいから…」と断ると、「女の子嫌いなの?(´・ω・`)」と、さみしげに去っていきました。←いや、そういう意味じゃない 笑

そんな感じで、この日は本当に一人でバリを満喫した1日です。

バリ島4日目:海とスパへ

ガイドさんに連れられて、みんなで海へ。

そこは色んなマリンスポーツが楽しめる観光客用のビーチらしく、みんなでバナナボートやパラセイリングを楽しみました。まさか一人旅でバナナボートに乗れるとは思ってもみなかった。

そしてその後は、ガイドさんにおすすめスパに連れて行ってもらい、たっぷり全身2時間コースで、全身の筋肉をゆるゆるにしてきました。

ホント、このガイドさんにはかなり親切にしてもらったので、今でも感謝しまくりです。また行ってお礼が言いたいなぁ。

女の子グループはこの日に帰国だったので、夜にホテル前でお見送りして、この日は終了です。

バリ島最終日:近所を散歩

夜にバスが迎えに来るので、それまでホテル周辺を散歩してました。

色んなことがあったなぁっと思いをはせつつ僕の初海外ひとり旅は終わりです。

経験して分かった海外旅行を楽しむコツ

かなり長文になりましたが、楽しさは伝えられたかと。

もちろん、親切なガイドさんとの出会いなど、偶然も大きかったですが、次行ったとしても同じように楽しむ自身があります。そのためのコツは、下記のとおり。

  • 景色や現地の人との交流を楽しむことで寂しさ回避
  • 治安や周辺情報などを事前に調べて安全性を事前確認
  • 旅行雑誌を購入し、観光プランをざっくり立てておく

上記を気をつけていたら、問題なし。

とくに大切だと思うのは、現地の人との交流ですね。異文化の人と話したりしてると、日本人とは全然違う感覚だったりするので興味深くてとても楽しい。

友達と一緒に旅行すると、どうしても仲間内だけで会話しがちなので、これが一人旅の醍醐味ですね。英語力も高校生までの英単語で十分、あとはボディランゲージで何とかなります。

現地の人に聞くと、日本人はペラペラ話しかけてくる人が少ないらしいです。なので、気になったことをドンドン聞くだけで「なんか面白そうな奴やん」って感じで、好印象を持ってもらいやすい気がしました。

コミュ力ゼロでも問題なし

誤解されそうなので言っておくと、僕は本来人見知りだし、初めての人と話すのは苦手なタイプです。じゃあなぜ現地の人とは大丈夫かというと、言葉が通じにくいので伝えようと必死になるからです。

お互いの国のことを聞きあったり、話題も尽きないので意外と盛り上がるんですね。コミュ力に自身がない人ほど、ぜひ行って体感してください。

ちなみにリゾート地だと、大抵治安がいいし、ホテルやお店でも言葉が通じやすいので初めての人でも安心ですよ。


海外旅行に初めて一人で行く為の手順:今ならこうする

下記のとおり。

  • ①パスポートを取得
  • ②場所を決める
  • ③チケット・ホテルを取る

順番に見ていきましょう。

①パスポートを取得

パスポートは申請してから発行までに1週間程度かかるので、海外に行くと決めたらまず手続きをしましょう。

5年用と10年用があり、値段が少しだけ違います。

とりあえずお試しにということなら5年用でOKですが、もし海外旅行にハマりそうなら10年用のがお得ですね。

値段がそれほど変わらないので、僕は念のため10年用を選びましたが、結果的には5年用で十分でした。

②場所を決める

場所は、下記のような東南アジアが安くて治安がよく、親日な人が多いので、手軽で安心だと思います。

  • タイ
  • ベトナム
  • カンボジア
  • フィリピン
  • インドネシア

上記は、当時の旅行候補に挙げていた国ですが、初めてなら、上記から選べば間違いはないです。

ちなみに僕は、バリ島(インドネシア)のヌサドゥアエリアの海沿いにあるホテルに滞在しました。海はキレイでご飯も美味しく、治安も良し。お店も日本語表記されているので、初めての海外でもかなり快適でした。

とくにこだわりが無い方は、是非こちらに行ってみてください。

③チケット・ホテルを取る

僕は旅行代理店で、ホテル・飛行機セットのツアーにしましたが、チケットとホテルを自分でとった方が安くてコスパが良いです。色々とサイトを調べましたが、下記が大手で安心です。

当時は4泊6日で17万円くらいかかったのですが、同じ日程で調べたところ、アゴタの飛行機+ホテルのセットプランだと11万円から予約可能。6万円くらい安くなるので、今なら確実に自分で予約して行きます。

現地の人と交流したり、観光地へ出かけたり、美味しいものを食べたり、やれることは無限にあるので、費用を抑えるに越したことはないですね。

海外旅行に初めて一人で行くときに用意しておくと良いもの

最後に、あって良かったものや、次行くなら絶対準備するものをご紹介します。

ネット環境

現地を散策するなら、GoogleMapsやお店の検索ができた方が良いので、絶対持っておくべき。

当時の僕はネット環境を準備していなくて、レストランの無料WiFiを使ったり、ホテルの有料Wi-Fiを利用したりしていましたが、かなり不便でした。

Simフリーのスマホを持っているなら、上記のようなプリペイドSIMを買っておきましょう。

SIMフリースマホじゃない場合、ポケットWi-Fiをレンタルしておきましょう。 ポケットWi-Fi はたくさんありますが、グローバルWiFiなら業界最大手なので安心して使えます。

クレジットカード

現金は最小限にしておいて、基本はクレカ払いが便利だし安心です。

ちなみに、海外のATMではカードが吸い込まれて返ってこないトラブルをたまに聞くので、2枚以上持っておいたほうが良いと思います。

ブランドは、VISAかMasterCardであれば大概のお店で使えます。一方でJCBは使えるお店は少ないです。

小さい旅行かばん

ボディバックのような、財布や携帯などが入れられるものが良いです。

海外は治安が良い場所でもスリや置き引きには注意した方が良いので、前にかけるなどして用心すれば安心。

大きさは、財布・携帯・パスポートのコピーが入れれるサイズがあれば問題なしですが、500mlペットボトルが2本くらい入る余裕があると何かと便利です。

歯磨きセット

ホテルについているものは質が悪いので、できれば持っていった方が良いです。

僕は忘れてホテルのを使ってたんですが、日本に帰ってきてから歯医者で虫歯が見つかりました。

これのせいだけではないと思いますが、いつも使っているハブラシセットを使った方が、スッキリして気持ちいいでしょう。

デジカメ(スマホ)

初めての海外ひとり旅なので、記念に高画質で写真を撮れたほうが良いですよ。

体験記でご紹介した写真を見ても分かるように、僕はiPodのカメラを使っていたので写りが悪く、けっこう後悔しています。

スマホのカメラでもいいですが、スマホを地図や検索によく使いそうなら、別にデジカメを持っていた方が手軽に撮りやすいかもしれません。

せっかくの記念なので、ジャンジャン撮って思い出を残してください。

初めての海外ひとり旅は不安もあるけどその分楽しい

いざ出発当日になったら、「わざわざ一人寂しく行くって…めんどくさいなぁ…」とか思っていましたが、行ったら行ったで楽しいものです。

見るもの全てが日本とは違うので、感覚としては、子供の時にはじめて海を見たときのような、新鮮な気持ちになれました。

友達と行くのもそれはそれで楽しいと思いますが、一人旅だと自分でなんとかしないといけない緊張感とか冒険感があって、また違った面白さがあるのが魅力ですね。

現地で思わぬ出会いがあったり、珍しい景色が見れたり、初めて食べるご飯に感動したり、やれることは山ほどあります。むしろ、自由に行動できる分、一人のほうがいいかもしれない。

しっかりと準備して、楽しい海外ひとり旅をお楽しみください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる