製造業への転職に有利な資格は気にしなくても良い【面接テクも解説】

製造業へ転職しようと思っているけど、有利になる資格を教えてください。
あと、転職活動で有利になるコツなんかも知りたいな。

こういった疑問に、お答えします。

この記事を書いている僕は、12年ほど製造業勤務していました。

転職も複数経験していますので、そういった経験から製造業への転職に有利な資格と「面接テクニック」も解説していきます。

目次

製造業への転職に有利な資格は気にしなくても良い

確かに有利な資格はあるものの、あまり気にしなくても良いです。

なぜなら、資格を気にするよりもまず転職活動した方が成功確率が上がるので。

転職はタイミングだから時間がもったいない

転職が成功するかどうかは、転職先が求めていることによるので、資格をとれば必ず受かるというわけでもありません。

しかし、資格を取るには勉強時間を確保したり試験費用もかかるのでコスパが良くないです。

それに、資格ゼロでも、過去の実績が評価されて内定をもらえることもあります。

僕の場合、品質保証への転職活動していたのですが、過去にISO9001(品質に関する国際規格)の更新審査対策や内部監査を経験したという実績から品質関係に詳しい人と評価され、転職できたという経験があります。

このように、製造業の転職を有利にするのに資格勉強にこだわる必要はないのかなと思います。

どうしても必要な資格は転職後に取れば良い

ある意味、製造業に絶対有利な資格というのは存在しません。

ひとくちに製造業と言っても、様々な業種がありますので。

例えば、機械加工系の工場であれば「機械加工技能士」という資格が有利になると思いますが、食品系の工場では関係ありません。

なので、「ある業種に絞って転職する」という場合を除いて、転職の前に資格を取って活かそうとするのはある意味で転職活動の自由度も失います。

それに、会社が従業員に取ってほしい資格というのは、大抵は社内に資格取得サポートのような仕組みがあって、取得するよう促されます。

その場合、テキスト代や受験費用は会社持ちなので、無料で資格を取ることができてお得です。

QC検定(品質管理検定)は取っておいて良いかも

良いものづくりをするなら、必ず知っておいて欲しい品質に関する基礎知識だからです。

会社によっては、作業員全員に受けさせるという企業もあるくらいです。

製造業に絶対有利な資格はないと断言したものの、品質の資格に関しては業種関係ないので、特に業界未経験なら取っておいて損はないかと。

もしチャレンジするなら、3級あたりから取ってみると良いと思います。


製造業の転職で、面接に受かるコツ

結論は、今の自分をいかに上手くアピールするかです。

アピールできる実績を今の仕事で作ろう

前述の通り、過去の実績が評価されるのはどの会社でも同じなはず。

いくら資格を持っていても実践していなければ机上の空論になるので、実績にはどうしても劣ります。

なので、今の会社でアピールできるような実績を作るべきです。

未経験でも活かせる実績や経験はある

では、今製造業に働いていない人は何もできないのかというとそんなこともありません。

たとえば、営業職であれば「新規顧客の開拓数が会社内でトップになった」という実績も、見方を変えれば「人の心を掴むのが上手い」というアピールになります。

接客業ではないので人付き合いは無いと誤解されがちですが、製造業にも上司や先輩、他部署や取引先など人間関係が関わる場面が意外とあるからです。

特に現場作業員は一般的に離職率が高いと言われていて、その原因の1つが人間関係ということも少なくありません。

なので、人付き合いが得意な人は会社側からすると「この人は人間関係で辞めることはなさそうだな」という安心材料になります。

なので、今の経験や実績を上手くアピールする方法を考えましょう。

資格勉強をしつつ転職活動をする

資格を取ってから転職活動するのは時間がもったいないのでNGですが、転職活動をしつつの勉強なら有りでしょう。

未経験で資格はなくても、勉強しているという前向きな姿勢が評価される可能性があるからです。

例えばQC検定のテキストを買って、軽く読んでおくだけでも面接での話題のきっかけになるかもしれません。

受け身ではなく自分から行動できる人は、どの会社でも評価が高くなります。

基本的ですが、面接対策をしよう

言うまでもなく、面接対策も大切です。

転職サイトにありがちな表現で、「転職成功者は平均20社面接しています」みたいな内容を「とにかく数で勝負!」と解釈してしまうのは問題です。

確かに転職を成功させるには数は大切ですが、質があってこそです。

完璧を目指せとは言わないものの、履歴書の書き方など基本的なことは抑えた上で転職活動すべきでしょう。

こういったノウハウは、書店に行けば数千円で手に入ります。

図書館を利用すれば無料ですし、できれば2~3冊くらいは読みつつ勉強するのがオススメです。

自分で本屋へ行き、良さげな本を選びましょう。

あとは数をこなして転職活動するべし

ここまでくれば、あとは気になる企業へ申し込んでいくだけです。

面接対策もしているので、悪かったところも自分で改善できるはず。

資格にこだわらず、面接でアピールできる実績を作ったり探したりしつつ適切に企業へアプローチしましょう。

人気記事製造業に強い転職サイト・転職エージェント3選【裏事情もご紹介】



この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる