【経験者が解説】製造業のきついところとは【きつくない会社の見分け方】

製造業ってきついって聞くけど、本当なの?
製造業に興味があるけど、どんなことがきついのか事前に知ってから転職するか決めたいな。
きつくない会社の見分け方なんかも教えてほしいです。

こういった疑問に、お答えします。

この記事を書いている僕は、製造業勤務12年と製造業界の経験は多い方。

社員数が数千人以上の企業から数十人規模の企業まで幅広く経験しているので、こういった背景から製造業のきつい部分やきつくない会社を見分けるコツなどを解説します。

目次

製造業のきついところとは:経験者が解説

結論から言うと、ざっくり下記のようなもの。

  • 騒音・異臭がする
  • クリーンルームが面倒くさい
  • 精神的・体力的な苦痛

それぞれ解説していきます。

騒音・異臭がする

おそらく製造業特有のものですが、設備や生産時に発生する騒音や異臭のきつさです。

騒音は想像つきやすいと思いますが、単純に設備音が大きく隣で会話するときでも大声を出さないといけないほどで難聴の心配も出てきます。

異臭に関しては、例えば金属を切削するような工場では、切削時に製品が焼き付きを起こさないように切削水という液体をかけます。

その切削水が蒸発したときにミストと呼ばれる水蒸気が発生し、除去設備が十分でない場合、工場内に広がっていきます。

これが独特の異臭がしまして、服にも染み付きますし人体に良いはずもありません。

他にも、飴玉の製造会社で勤務していた人に聞いたところ、工場内は甘ったるい匂いが広がっていたそうです。

「甘いだけなら良いじゃないか」と思うかもですが、毎日働いていると虫歯になりやすいらしく、苦労されていたよう。

このように、製造業では、生産時に発生する騒音や異臭がきついと感じる人が多いです。

クリーンルームが面倒くさい

電子部品や食品を製造していて現場がクリーンルームになっている会社の場合、そこへの出入りが面倒です。

クリーンルームはホコリなどが一定数以下で管理されているので、入るときには専用の作業服を着たり、ゴム手袋をわざわざはめないといけないからです。

食品工場で働いている知人はこれが嫌で、「普通の格好で働ける会社に転職したい…」と愚痴っていたこともありました。

僕はこういった場所で作業員としてみっちり働いたことはないものの、たしかにトイレや休憩にいく度に服を脱いだりしないといけないのは結構大変だと想像できますね。

体力的・精神的な苦痛

製造業の現場で働くとなると、重量物を持つ場面も結構でてきます。

特に金属製品を扱っている会社の場合、何十キロもの製品を動かす場面も出てくるでしょう。

そうでなくても、基本的に立ちっぱなしで作業をすることが多く、慣れない最初の内はふくらはぎがむくんだり苦労すると思います。

逆に現場作業ではなく、品質保証や生産管理といった製造に直接関わらない間接部門では精神的な苦痛があります。

例えば客先クレームがあった場合は客先対応や現在生産されている品質確認などをしないといけませんし、その際に現場作業者と話し合ったりします。

時には客先と現場との板挟みになったりと、精神的なしんどさを感じる人も少なくありません。

また、現場作業員と一緒に客先へ出向き、夜の10時くらいまで製品の選別作業をするなんてことも。

このように、製造業では体力面はもちろん職種によっては精神面にも苦痛を感じる場面が結構あります。


製造業に向いている人の特徴

これまでのことを踏まえて、製造業に向いている人の特徴を上げていきます。

これが絶対に正解というわけではないですが、僕が過去に苦労した経験も含めて、「これが許容できるなら大丈夫だろう」という特徴を上げていきます。

神経質でない人

前述のとおり、製造現場では異音や異臭がします。

そういった音や臭いに、ある意味鈍感な人の方が向いているでしょう。

例えば、大きな音の中だと集中して作業ができないという性格なら、そういった環境で実力を発揮するのは難しいですよね。

あと、油を扱う工業ではいくら手を洗っても完璧には落ちないことも多いです。

そういった手で昼食を取るのに衛生的にキツく感じてしまうようなら、毎日が苦痛でしかありません。

このように、製造業特有の環境にも動じない性格の人が向いています。

素直な人

製造業の現場作業では、誰が作っても同じ品質にするために、作業手順書というものが作られていることが多く、常に同じ手順で作業をすることが求められます。

つまり、言われたことを着実に守って作業ができる素直な人が適任だということ。

逆に、自分なりのオリジナリティを出したい人にとっては「機械のようでつまらない」と感じてしまうと思います。

体力に自信のある人

想像がつくかと思いますが、やはり体力があった方が良いですね。

人間関係など多少の精神的な苦痛があったとしても、体力面がしっかりしていればカバーできます。

「体が資本」という言葉は、製造業では特に当てはまるのではないかと思います。

夜勤に強い人

体質的なことですが、夜勤でも大丈夫という人は向いていると思います。

全ての製造業に夜勤があるわけではないですが、夜勤がある会社が多いのも事実なので。

それに、入社時は夜勤がなかったとしてもしばらくして夜勤が始まるというパターンもあります。

僕の場合がそれで、最初は品質保証という夜勤のない部署に配属されたのですが、後に現場のシフトに合わせようということで、夜勤が始まったということがあります。

個人的には夜勤はキツく、「お金(夜勤手当)の為に命を削っている」感じがして、もう二度とやりたくないというのが本音でした。

なので、万が一夜勤になっても大丈夫という人の方が向いているでしょう。

きつくない会社(製造業)の見分け方

きつくない会社を100%見分けることはできませんが、事前に確認しておくことで、ある程度避けることは可能なはず。

そのポイントをお伝えします。

年間のクレーム件数を確認

外注先などを含め色々な会社を見てきましたが、クレーム件数が多い会社は勤務環境がブラックなことが多いです。

なぜなら不良品を流出させてしまって客先からクレームが入ると、それの対策書を書いて提出しないといけません。

これがかなり厄介で、下記のようなことをしないといけなくなります。

  • 不良品の発生・流出原因を突き止める
  • 発生・流出に対する対策案を考えて実行、効果の確認
  • 客先へ対策書を提出して承認をもらう

時にはそれまでに出荷した製品を客先へ出向いて、良品と不良品を選別するなどかなりの時間と労力がかかってしまうのです。

つまり、クレームが多い会社はこういった利益を生まない仕事が多くなるということで、結果として労働環境が悪くなるということ。

生産する製品によって平均的なクレーム数というのは変わってくるものの、ひと月に1件以上あれば確実に多いといえるでしょう。

なので、面接時には必ず「御社の年間クレーム件数は何件くらいですか?」と必ず聞くようにしてください。

これが12件以上であれば毎月発生している計算になり、ブラック率がかなり高いので注意してください。

実際に働く事務所や現場を見学する

話を聞くだけでは分からないことが多いので、必ず実際に働く環境をその目でチェックするのは大切。

大抵の場合は、面接後に社内案内されると思いますが、ない場合でも「見学しても良いですか?」と聞いてみるべきです。

働く場所の騒音・異臭は許容できる範囲か、どういった作業をしているのかなどなど、じっくりと見ていきましょう。

整理整頓がされているか

製造業は整理整頓を2Sと専門用語で呼ぶなど、整理整頓に対する意識は高い傾向にあります。

しかし、通常業務にいっぱいいっぱいな会社は、現場の整理整頓が疎かになっていることがほとんどなので、こういったところから労働環境の良し悪しが分かります。

通路に物が置かれて邪魔になっていないかなど、注意して見ておくと良いですよ。

作業服の洗濯は会社でしてもらえるか

少し細かいことですが、作業服を会社で洗濯してもらえるかどうかは確認しておいた方が良いかもです。

汚れた作業服を家で洗濯することに抵抗がないなら良いですが、そうでないなら毎回大変な思いをします。

独身ならまだしも結婚している場合は、家族に嫌な顔をされるかもしれないので、前もって確認しておいた方が無難ですね。

製造業はきついかもだけど、良いところもある

これまで製造業のきついところを話しすぎたので、最後に製造業の良いところも少し話しておきます。

たとえば完全週休二日制になっている場合が多かったり、長期休暇が比較的長かったり、休日関係では充実していることが多い傾向かと。

ちなみに僕が以前働いていた自動車部品系の工場では、夏季休暇が13連休くらいありました 笑

ただこれも、「連休は少なくても平日に休みたいんだ!」という人にとってはデメリットにもなり得ます。

結局はその人の好みやライフスタイルによって、感じる大変さも変化するので、自分で判断するしかないというのが結論かと。

製造業への転職が気になる人は、ぜひ今回の記事を参考に、「自分はどうなのか?」照らし合わせてみてくださいね。

人気記事製造業に強い転職サイト・転職エージェント3選【裏事情もご紹介】



この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる