楽天ダイヤモンド会員になるには
悩んでいる人

楽天のダイヤモンド会員になりたい人
「楽天のダイヤモンド会員になるにはどうしたらいいんだろう?お得だと聞いたので、条件やメリットを教えてほしいです。あと、ランクをキープするコツなんかも、合わせて教えてください。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容
  • 楽天のダイヤモンド会員になる方法とメリット
  • 楽天のダイヤモンド会員を1年以上キープしたコツ
  • 楽天のダイヤモンド会員になって得したこと

ボクは、楽天のダイヤモンド会員になって1年3ヵ月キープできています。

楽天ダイヤモンド会員 キープ
※証拠写真

楽天会員自体は10年以上前になったので、ダイヤモンド会員になったのは割と最近です。

楽天市場でたくさんお買い物するなど、特に意識したわけではなく、あることをしただけで、ランクがグングン上がっていったという経緯があります。

そこで今回は、特に苦労なく楽天ランクをダイヤモンドにしてキープする方法と、ダイヤモンド会員になって良かったと感じたことをお話しします。

ダイヤモンド会員に興味のある方は、是非参考にしてください。


楽天のダイヤモンド会員になるには?

ダイヤモンド会員の条件

ダイヤモンド会員の条件は、上記のとおりです。

前提条件として、楽天カードは持っておかないといけないので、持ってない場合は無料で発行できますので、必ずしておきましょう。

あとは、ひと月に667ポイント以上獲得しつつ、獲得回数が5回以上が条件になります。

ポイント還元率1%とすると、1ヵ月66,700円以上使わないといけません。

実際は還元率を上げる裏ワザ的なものもありますので、こんなに使う必要はないですが、いかに効率よく楽天ポイントを稼ぐかがダイヤモンド会員になるコツです。

楽天カードを普段でも使う

1番簡単な方法は、楽天カードを普段の支払いに使うこと。

食費・光熱費・趣味の買い物など、普段の支払いを楽天カードにするだけなので不便はありません。

実際にボクはこれだけで、ダイヤモンド会員になることができました。

1つ注意点としては、楽天市場を必ず使う必要は無く、Amazonとかと値段を比べつつ安かったら楽天で買うというスタンスでOKです。

ポイント欲しさに高い買い物をしてしまったら本末転倒ですので(笑)

楽天カードはお得なクレジットカード

「楽天カードに切り替えることで、デメリットは無いのか?」と感じるかもしれませんが、年会費無料のクレカでは還元率1%と優秀です。

年会費無料のクレジットカードの還元率は平均0.5%なので、そもそもがお得なクレジットカード。

他のクレジットカードと還元率を比べましたが、ポイント付与のややこしい条件もなく、常に1%還元になるので使わない理由は無いのかなと思います。

家族カードも活用する

家族がいる場合は、家族カードを利用すると良いです。

メインの楽天カードから家族カードを発行すると、家族カードでの支払いもメインカードでの支払い扱いになります。

ボクは、妻に家族カードで食費など買ってもらっているので、それだけでもポイント獲得に貢献できています。

また、獲得ポイントを1つのアカウントにまとめることもできるので、ポイントを無駄なく使いやすいです。

楽天市場のポイントUPを活用する

楽天市場で買い物する時の、ポイントアップのコツをご紹介します。

  • 楽天市場アプリから購入 → +0.5%
  • 0と5の付く日に購入 → +5%

楽天市場で買うなら、必ずスマホのアプリから買うようにし、できれば「5日、10日、15日、20日、25日、30日」のいずれかの日に買いましょう。

これだけでも、通常1%還元のところ、6.5%還元になります。

0と5の付く日のエントリー

ちなみに、「0と5の付く日に購入」は当日エントリーが必須なのでお忘れなく。

その他、色々なキャンペーンもありますが、あまり考えすぎると大変なので、この2つだけ活用しておけば十分です。


ダイヤモンド会員キープのコツを解説

ダイヤモンド会員のコツ

基本的には、楽天カードを普段の買い物で使うだけでもOKなはず。

とはいえ、独身でガチガチに出費を抑えているなど、場合によってはキープできない状況も出てくるかもしれません。

そこで、より安心してダイヤモンド会員をキープするコツを解説します。

楽天系サービスに移行する

まずは、身近なサービスを楽天系に置き換えてみましょう。

たとえば、下記のようなもの。

上記のような楽天系サービスは、粗悪なサービスではないので、切り替えてもほとんどデメリットがありません。

普段の生活サービスを楽天系に切り替えるだけで、意識しなくてもポイントが貯まっていく仕組みができますよ。

楽天ポイントの獲得率

たとえばボクの場合上記を活用しつつ、楽天市場の買い物は通常1%還元のところ、6%還元になっています。

楽天サービスを使うことでポイントが貯まるし、それによって還元率アップにもなり、ポイント還元の好循環が起こります。

いきなり全部は大変だと思うので、まずは楽天銀行の口座開設がおすすめ。

無料で作れる上、楽天カードとも相性が良いので、作って置いて損はないです。

楽天証券でクレカ積立する

投資信託などをしている人に限りますが、月5万円までなら楽天証券で楽天カード払いで積み立て投資ができます。

当然カード払いなので、1%還元になり、言い換えると1%の利回りを得ているということ。

ダイヤモンド会員とは関係なく、単純にお得すぎるので、投資信託をしている人なら活用しないと損ですね。

楽天のダイヤモンド会員になって得したこと

楽天ダイヤモンド会員で得したこと

ダイヤモンド会員になると、何かと特典が付いてきます。

中には使える人が限られるような特典もあるものの、ヘビーユーザーでなくてもお得に感じる特典もあるので、ご紹介していきます。

ダイヤモンド会員になるモチベーションとして、参考にしてください。

お誕生日ポイントが700Pもらえる

楽天のお誕生日ポイント

毎年お誕生日の月に700ポイントがもらえます。

還元率1%とすると、70,000円分の商品を買った時と同じポイント額なので、なかなか大きいですよね。

ただこれは、月末までが有効期限の期間限定ポイントなので、早めに使い切らないといけません。

こういったポイントを無駄なく使うために、楽天でんき楽天モバイルに切り替えておくと、自動的に期間限定ポイントから消費してくれるので便利です。

楽天系サービス初回登録時にポイントUP

楽天系サービスに、初回登録した場合のポイントがアップすることがあります。

楽天でんきとラクマでポイントゲット

ボクは過去、楽天でんきやラクマで通常より多めにポイントゲットすることが出来ました。(※要エントリー)

ETCカードの年会費(550円)が無料に

正確には1ランク下のプラチナランク以上だと、ETCカードの年会費が無料になります。

元々は別のクレカから作ろうかと考えていましたが、1年以上ダイヤモンド会員をキープ出来ているから、これからも大丈夫だろうと思い、発行しました。

ETCカードを楽天で作ると、使った分が楽天ポイントでもらえるので、ポイント分散することなく効率よく使えます。

楽天トラベルのクーポンがお得

楽天トラベルで、「10%OFF」「2,000円引き」などなど、お得なクーポンがもらえます。

こういった特典があるので、以前はじゃらんをメインで使っていたものの、今は楽天トラベルをよく活用するようになりました。

たまに行く旅行がお得になるのは、かゆいところに手が届く嬉しい特典です。

楽天のダイヤモンド会員になってポイントを貯めていこう

楽天ダイヤモンド会員のまとめ

楽天のダイヤモンド会員になるには?
  • 楽天カードを発行してメインで使う
  • できれば楽天系サービスに切り替えていく
  • 楽天市場はアプリで、0と5の付く日を狙う
  • ダイヤモンド会員だとポイントが貯まりやすい

楽天のダイヤモンド会員は、嬉しい特典も多く、1度なればポイント獲得のチャンスも増えるので、キープもしやすいです。

ポイントがもらえるということは、それだけ節約できているのと同じなので、やらない手はないですよね。

ポイントゲットの証拠画像

ちなみにボクは、この1年で47,760ポイントもゲットしました!(コロナで旅行をキャンセルしたので、少し失効しています…)

ダイヤモンド会員を目指すなら、楽天カードは必須なので、必ず発行しておきましょう。※年会費も無料