静岡県のうなぎを味わう!浜松市の名店「うな慎」でうなぎの刺身を食べてきました

先日、とある用事で静岡県へ行って来ました。

しかし、「ただ行くだけじゃつまらない」と思い、名産品であるうなぎを頂くことに。

たくさんのお店を検索し、なんと、うなぎの刺身が食べられるお店を発見したんです!

それまで、「うな丼」や「うな重」、「ひつまぶし」は食べたことがあるけれど、お刺身なんて食べたことがありませんでした。。。

まさに、「なにそれ?おいしいの?」状態です(笑)

もうこれは、食べに行くしかないですよね!

そこで今回は、全国でも珍しい「うなぎの刺身」が食べられるお店「うな慎」についてのレポートをお届けします。

目次

うなぎの刺身について

もしかすると、「うなぎのお刺身なんて聞いたことが無い」なんて思ったのではないでしょうか。

なぜなら、うなぎの血液にはイクシオトキシンという有毒な物質が含まれていて、一般的にはお刺身では食べないからです。

もし大量に摂取すると、下痢や吐き気などの症状が出たり、死亡することもある毒物です。

ただ、60℃程度の熱を5分間加えると毒性を失うので、うなぎは蒲焼などで火を通して食べるのが普通なんですね。

これを聞くと、「危険を冒してまで刺身なんて食べたくない」と感じるかもしれませんが、致死量としては体重60kgの人で1,000mlです。

もちろん、キチンと調理されていますが、仮にお刺身に血が混じっていたとしても中毒症状を起こすことは無いので安心してください。

参考URL:自然毒のリスクプロファイル:魚類:血清毒|厚生労働省


「うな慎」ってどんなところ?

うな慎は、JR舞阪駅から徒歩5分で行けるので、アクセスがしやすい場所にあります。

f:id:naohiko-blog:20180916143646j:plain

一見すると、民宿のようにも見える和風な外観になっています。

営業時間
昼11:00~14:00/夜 17:00~20:00

定休日
火曜・第4水曜



f:id:naohiko-blog:20180916143711j:plain

無料駐車場は少し狭いですが、お店のすぐ隣にあります。

今回は日曜日の11:00、開店時間と同時に入店しました。

食事時では無かったので、お客はボクと男女の1組しかいませんでした。

しかし、座敷が予約席で埋まっていたので、もう少し時間がズレていたら待つことになったかもしれません。

来るときは、念のため予約を入れておいた方が良いでしょう。

お店の雰囲気

入り口を入ってすぐ右手に、たくさんのサイン色紙が飾られています。

f:id:naohiko-blog:20180916143801j:plain

こんなに多くの取材を受けたり、有名人が来られたりしているんですね。

店内の様子はこんな感じです。

f:id:naohiko-blog:20180916143817j:plain

ホール全体の広さは20畳ほどで、座席は4人掛けの座敷が3つ、4人掛けのテーブルが2つと多くはありません。

店内は禁煙で、座敷もあるので子供連れでも安心して来ることができますね。

1人で来たボクは、テーブル席に案内されました。

いざ注文

それでは、さっそく注文します。

f:id:naohiko-blog:20180916143903j:plain

もちろん、うなぎ刺身(2,000円)を注文しましたが、それだけでは足りないと思ったので、うな丼(2,100円)も注文することにしました。

うなぎ刺身

10分ほど待つと、最初にうなぎの刺身がやってきました。

f:id:naohiko-blog:20180916143849j:plain

20cmくらいのお皿に、うなぎの刺身が薄切りでぎっしりと引き詰められています。

小皿に入っているのは、ポン酢しょうゆです。

お刺身は、お皿の向こうが透けるほどの薄切りになっています。

f:id:naohiko-blog:20180916144051j:plain

見た目はふぐ刺しのようですが、うなぎの刺身には少し赤みがかかっていて綺麗な色合いですね。

それでは頂きます。。。

f:id:naohiko-blog:20180916144249j:plain

まずは、何も付けずにそのままで頂きました。

臭みや味は無く、まさにふぐ刺しのようなコリコリとした食感と、滑らかな舌触りを楽しめます。

おそらく、子供が食べても「味せーへんやんっ!」で終わってしまうような大人な食べ物です。

味がしないというのは悪い意味ではなく、キチンと泥抜きができている証拠なんですね。

こちらのお店では一週間もの間、井戸水に付けて臭みを取り除いています。

だから、余計な味が邪魔することなく、純粋にお刺身を楽しむことができるんです。

f:id:naohiko-blog:20180916145149j:plain

臭みがないので、ポン酢しょうゆや薬味の味とよく絡んで美味しいんですよ。

1人だけで美味しく食べるには結構な量でしたが、飽きずに最後まで食べられたほどです。

うな丼(香の物・肝吸)

うなぎの刺身を3分の1程度食べてから、うな丼がやって来ました。

f:id:naohiko-blog:20180916145214j:plain

タレが程よくかけられていて、食欲がそそられます。

f:id:naohiko-blog:20180916145233j:plain

ホクホクで臭みが全く無く、うなぎの身の味がほんのりしてきます。

これが、タレとよく絡んでとても美味しかったです。

やはり、お店で食べるうなぎはスーパーで買うのとは段違いですね。

最初に見た時、「焦げが多いな」と少し思いましたが、苦みなどの嫌な味は意外としません。

f:id:naohiko-blog:20180916145303j:plain

むしろ、お焦げの部分がアクセントになって、ほどよい食感が楽しめます。

暖かい肝吸も、美味しかったです。

f:id:naohiko-blog:20180916150350j:plain

やはり、お吸い物は肝入りに限りますよね!

お刺身が来てから、ほんの20分程で完食です。

f:id:naohiko-blog:20180916145356j:plain

ごちそうさまでした。

まとめ

珍しいうなぎの刺身が食べられる「うな慎」は、うなぎが美味しいのはもちろん、お店の方がすごく親切で好印象でした。

というのも、会計をしている時に、女将さんから「どちらから来られたんですか?」と気さくに声をかけられたんです。

普段は人見知りなボクですが、とても話しやすい方だったのでしばらく話し込んでしまった程です。

その中で、「近くにうなぎパイの工場があるので良かったら」ということで、観光地の紹介もして頂きました。

f:id:naohiko-blog:20180916145520j:plain
車で10分程の所にあり、予約無しでも無料で工場見学が出来ます。

旅行先で、地元の人と触れ合えるお店に出会えると、旅の良い思い出になりますよね。

もし静岡に行くことがあれば、ぜひ行ってほしいおすすめのお店です!

あぁ、今度は家族で食べに行きたいなぁ。。。

人気記事国内旅行でおすすめのクレジットカード【複数枚持とう】



よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる